• 2018.5.5

早漏改善トレーニングで治す方法

筋トレをする男性

早漏改善には、亀頭やペニスに対する刺激に耐性をつけることと、骨盤底筋を鍛えることが大切なポイントとなります。
亀頭やペニスが敏感なのは悪いことではありませんが、女性とのセックスを行う際に、女性よりも早くオーガイズムを感じ早くイってしまう可能性が高いです。
その為、女性を満足させることが出来ない場合があります。
これらのことから、亀頭やペニスに対する刺激に耐性をつけることが大切です。
さらに、排尿や排便をコントロールする作用のあるPC筋(骨盤底筋)を鍛えることで、ペニスの勃起力や勃起持続時間を高める効果が期待でき、射精をコントロールできるようになり早漏改善に繋がります。
PC筋を鍛える方法は、排尿を途中で止めるようなイメージで力を入れて数秒キープし、力を緩めるのを繰り返す。
肛門を締めるように力を入れて数秒キープし、力を緩めるのを繰り返すなどの方法があります。
費用も掛からず、簡単で誰でも手軽に行える運動なので、自宅・会社・車・電車などで周りにバレることなくトレーニングすることが出来ます。
PC筋を鍛えようとスクワットなどのトレーニングを行う人もいますが、スクワットはPC筋を鍛えるには効果が薄い為、注意が必要です。
PC筋の強化には、継続して運動することが重要です。
一日にたくさん数をこなしたからと言って、効果がすぐに期待できるわけではありません。
又、張り切って無理をすると、筋肉を痛めたり筋肉痛を引き起こす可能性があるので気をつけなければなりません。
少ない又は無理のない程度から始めるようにし、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくようにしましょう。
PC筋が筋肉痛になってしまうと、排尿や排便時・日常生活に痛みを伴ったり、パートナーとのセックス時に集中できない・痛むなどの状態になる可能性があるので、自分に合ったペースで無理のない程度に行うようにしましょう。
早漏を治す方法は幅広く様々あります。
自分に合う早漏改善方法を見つけ効果的に改善を目指しましょう。

早漏に有効な呼吸法も取り入れよう

早漏を治す方法として、早漏に有効的な呼吸法があります。
射精が早くなる原因の一つに、交感神経が関係している場合があり、交感神経が活発になり、強く刺激を感じることで射精を促してしまいます。
その為、身体をリラックスさせる呼吸法を取り入れることで、副交感神経を優位に働かせ射精の我慢や抑制に繋げることが出来ます。

又、セックス中に呼吸法を取り入れることで、身体をリラックスさせるだけでなく、呼吸に意識がいくことで射精に集中していた意識を分散させることが出来ます。
つまり、意識が分散することで射精への欲を抑制する効果が期待でき、射精をコントロールすることが出来ます。

リラックスさせる呼吸法

  1. 呼吸法のやり方は、背筋を伸ばし椅子に腰かけます。
  2. 身体をリラックスさせ、2秒間鼻で息を吸い込み、10秒間かけてゆっくり息を吐きます。
  3. 息を吐くと同時にお腹をへこませるようにしましょう。息を吐ききったら、3~5秒間息を止めます。この方法を数回繰り返します。
  4. 就寝前や寝起き、セックス前に行うと良いです。

セックス中に行う呼吸法

  1. 次に、セックス中に行える呼吸法で、ピストン運動を行ったまま行います。
  2. 腰の動きは止めないまま、5秒間鼻で息を吸い込み、10秒間かけて息を吐くを数回繰り返します。
  3. ピストン運動は早くなくても良いので、身体と心をリラックスさせた状態を意識しながら呼吸法をするようにしましょう。
  4. ゆっくり行うことで、パートナーにも気づかれることがありません。

早漏は我慢が大切になりますが、必死に我慢するという考え方を変えることで、自然と心と身体の緊張やプレッシャーをほぐすことが出来ます。
思考や考え方を変えてみることも、早漏改善には必要となります。
早漏を効果的に改善するには、PC筋を鍛え強化させることと、呼吸法を取り入れ副交感神経を優位にさせリラックスを心がけることが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る