• 2018.1.14

早漏は漢方で治すことはできる?

漢方

男性の性の悩みの一つとして、早漏があります。
勃起状態を長く維持できずパートナーとの関係もそのことで悪くなってしまうというケースが出てしまうことや、気にしてしまうことで、精神的に楽しめなくなってしまうというデメリットもあります。
射精が出来ないわけではありませんが、これは男性にとってはとても大きな悩みとして感じてしまうことも多いのです。
早漏を治す方法としてはサプリメント、医薬品、そしてエクササイズなど、様々な方法が挙げられますが、副作用の少ない安心してできる方法を選択していきたいものです。

蔵八宝(くらはちほう)も漢方の一つで、これはチベット宮庭の古伝秘方で特有な動物のエキスと多種な貴重漢方エキスを配合した増強サプリメントです。
効き目が早く、効果時間が長いのは特徴の一つとして挙げられます。
増大効果を期待することができる治療薬としても、中国国内は愛用者が増えていますし、日本や欧米でも近年大変人気になっていて、リピーターも増えているということが言えます。
漢方は副作用が少ないので、安心して利用できるという反面、継続して飲んでいくということをしないと効果が実感できないこともあります。蔵八宝についても、ある程度の期間飲み続けていくことがおすすめです。

早漏を治すことで、性生活にも自信をもつことができるようになりますし、人にはあまり相談できないこともありますが、治療方法はたくさんありますし、漢方を使った早漏解決方法も効果を感じている方も多いという口コミもありますし、悩んでいる方は試してみると良いでしょう。

早漏だけではなく、性の悩みとしては勃起不全というものもあります。
一度なってしまいますと、そのことが精神的に負担となり、さらに進行させてしまうことも多くありますので、早めの対処が必要です。
もちろん専門クリニックに行くことで治療することもできますが、漢方でもその効果がある生薬のジャムウなどもあります。

生薬のジャムウは勃起不全にも効果がある

漢方はさまざまな効果、効能があることで知られていますが、実は性的な悩みにおいても使える場合があります。
たとえば生薬のジャムウです。これはインドネシアの漢方で、この地では子供から大人まで安心して使うことができる大衆的な薬です。
現地では料理につかわれることもあるというぐらい、浸透しているジャムウですが、日本ではまだあまり聞きなれないという方も多いかも知れません。

ちなみにインドネシアでは、粉末状のジャムウをお湯で溶いて、ハチミツやショウガなどを入れて飲みやすくして飲むのですが、このはちみつや生姜を使った方法でも日本人の方には強烈なニオイも味もあり、難しいでしょう。
そこでサプリメントのようになっている錠剤化されているタイプも今は出ていますので、試してみたい方は、そちらで対応していきましょう。
日本では、粉末のものもあまり売られていないということもあります。

インドネシアでは子供にも大人にも飲まれている漢方薬ですが、日本で利用する際には、勃起不全を治すという目的で使われることも多いです。生薬ですし、副作用もないというところで安心して使うことができますが、1度飲んだだけで即効性があるというものではないので、継続して飲んでいくことが必要になります。
ドラッグストアなどで手軽に手に入れることも難しく、個人輸入などを利用して手に入れましょう。

日本ではあまり浸透していない薬ですが、インドネシアでは、健康維持や体力増強、痩身、豊胸のために飲んでいるという方も多く、子供から大人まで幅広く愛用されています。
西洋的なものではなく、東洋医学に基づいた漢方ですので、効果を実感するまでは少し期間もかかるかもしれませんが、継続して使っていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る