• 2017.7.6

包茎性早漏は亀頭を刺激に慣れさせる

早漏を治療で改善した男性

仮性包茎の人は早漏になりやすく、悩まされている人は多くいらっしゃいます。
早漏になっている原因は様々あるのですが、仮性包茎の場合は、包茎性早漏の可能性が高いです。
包茎性早漏は、包茎が原因となっている早漏であるため、治療することにより徐々にですが治る可能性があります。
ただ、治療しなければ改善不可能ということではなく、自分の力だけでも改善はできます。まずは自分の力だけで解消できるようにしていきましょう。

ではどのようにすると解消可能になるのかですが、それは亀頭を刺激に慣れさせることです。
仮性包茎は通常の人とは違い、亀頭が包皮に守られている状態です。包皮に守られることにより日常生活の際は刺激を受けにくいため、亀頭が刺激慣れをしていません。
いざ刺激を受けるような行為をすると、一般の人よりも刺激に対して慣れていないため過剰な反応をするようになります。
日常生活において刺激が弱くても特に問題はありませんが、性行為の際は必ず刺激を受けるようになるため、刺激負けして早い段階で射精します。
敏感に反応しないようにできれば早漏改善が可能になるので、常に刺激を与えるようにして慣れさせることがおすすめです。

刺激に慣れさせる方法ですが、まずは亀頭がでている状態をできるだけ長く保つようにしてください。
日常生活を送っているだけでも亀頭は刺激を受けるようになります。下着がこすれることにより刺激を受けますので、亀頭を出すだけでも効果的です。
もう一つの方法なのが、一人でする際にできるだけ亀頭を刺激する方法です。
一人でする際、亀頭部分に刺激を与えず竿の部分だけを刺激していることが多いので、亀頭を集中的に刺激するだけでも早漏改善は可能です。

これらの方法で改善は可能になりますが、ただ、仮性包茎はその他にも様々な問題発生してしまいます。
自分の力だけでは解決できない悩みもありますし、早漏も解消することができない場合も考えられます。
根本的な問題を解決するためにも、仮性包茎を治すことがおすすめです。

包茎は治すべき!手術費用とは

包茎はそのままにした状態でも大丈夫な場合もありますが、しかし大きな問題を抱えてしまうことがあるので治療は必要です。
特に包茎だということだけで悩んでいる人や、早漏克服できない人、そして病気になる可能性を持っている人は治療検討してください。
そこで治療検討する際に知っておきたいポイントの一つが、費用です。

包茎治療は、様々な方法があり、費用に関しても異なってきます。まず、包茎治療には保険適用される場合と適用されない場合があります。
カントン包茎や真性包茎は治療を必要としていますので適用されますが、仮性包茎は治療しなくても良いとしているため保険適用外です。

泌尿器科で治療可能としているカントン包茎や真性包茎は、保険適用されるため、2万円から3万円でできます。
しかし包茎クリニック利用を必要としている仮性包茎は、手術内容により10万円ほどから多くて30万円ほどかかります。
クリニックにより行う手術方法が異なりますし、傷跡を目立たないようにするのかどうかなどでも手術方法が異なりますので、まずはクリニックで相談して決めるようにしましょう。

手術するのは良いけれども、問題は入院の必要性はあるのかどうかです。入院を必要とするのかどうかは、クリニックにより多少異なりますが、日帰り治療がほとんどになります。
クリニックの中には入院する設備すらないこともあり、日帰りが基本と考えられています。
ただ、泌尿器科による治療になると、手術内容によって入院することもありますので、治療する前に入院の必要性を聞いてみるようにしてください。

お金がかかる包茎治療ですが、悩み解消を可能としている最終手段の方法になりますので、その人の状況によって検討してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る